映画 リメンバーミーのネタバレとあらすじ!ディズニー作品につまらないものはない!ミゲルは死者の国に行ってどうなる?

映画「リメンバー・ミー」のキャスト

出演キャスト・公開情報
【キャスト】
(日本語吹き替え)
ミゲル・リヴェラ:アンソニー・ゴンサレス(石橋陽彩)
ヘクター:ガエル・ガルシア・ベルナル(藤木直人)
エルネスト・デラクルス:ベンジャミン・ブラット(橋本さとし)
ママ・イメルダ:アランナ・ウバック(松雪泰子)
エンリケ・リヴェラ:ハイメ・カミーユ(横山だいすけ)
エレナ・リヴェラ:レニー・ヴィクター(磯辺万沙子)
パパ・フリオ:アルフォンソ・アラウ (多田野曜平)

【監督】
リー・アンクリッチ
【映画公開日】
2018年3月16日

『リメンバー・ミー』あらすじ

主人公のミゲルはギターの演奏が大好きな少年。でも家業の靴屋はまだ手伝わせてもらえず靴磨きばかり。ミゲルの家、リヴェラ家では「音楽は禁止」なのだ。曾々祖母のママ・イメルダの父はママ・ココと母親を捨て音楽の道に進んだからだ。

 

ミゲルの曾祖母、ママ・ココは靴屋を継ぎ繁盛しているがココは少しずつ痴呆が進んで、自分の父の話を何度もミゲルに聞かせる。ミゲルは音楽が好きでエルネスト・デラクルスの大ファン。グッズを集め自分で作ったギターで彼の曲を弾き歌う、でもそれは家族には内緒だ。音楽禁止の掟があるからだ。

 

ある日ミゲルは屋根に隠してあったエルネスト・デラクルスのグッズを見つかり、自作のギターも壊されてしまう。ミゲルは家を飛び出しデラクルスの霊廟に忍び込み彼の遺品のギターを弾いた。するとミゲルは死者が見えるが生きているものからは見えなくなってしまった。そして「死者の国」へと入り込んでしまう。

映画『リメンバー・ミー』のネタバレ

それでは早速、映画『リメンバー・ミー』のネタバレをチェックです。

ネタバレ①:音楽禁止のリヴェラ家の少年ミゲル。死者の国へ。

ポイント!!
ミゲルは「禁止」されているけれど音楽が大好き。でも叱られて伝説のギターで死者の国へ行く。
「音楽禁止」のリヴェラ家。それはママ・ココは音楽が大嫌いだから。ママ・ココの父は娘のココと母を捨て家を出た。音楽のために。ココの母は生活の為に製靴を学んで今やミゲルの母、そして父、ミゲルの一家は製靴で生計を立てている。先祖を大切に、家族を愛している。ミゲルは「音楽禁止」のリヴェラ家でも音楽を愛し、この街出身の偉大な音楽家、エルネスト・デラクルスの大ファン。彼のグッズや写真、映画もこっそり屋根裏に隠し、自作のギターまで持っている。

 

「死者の日」がやってくる。家族全員揃って先祖を思い出し、写真を飾り、お供えを沢山して豪華な祭壇を作る。マリーゴールドの花は死者と生者をつなぐ花で道にまいて道標とする。死者が迷わず帰って来られるように。ミゲルは祭壇に飾ってある「ひいひいおじいちゃん」の顔の部分だけ切り取った写真が気になり、デラクレスじゃないかと疑う。また大切にしていた自作のギターをママ・ココに壊され家を飛び出してしまった。そして街の中心の広場にあるデラクレスの霊廟に忍び込み、彼のギターを盗んで弾いてしまう。ミゲルは死者の姿は見える、でも自分は生者には見えなくて、触れもしないという不思議な状態に。そして死者の国に迷い込んでしまう。

 

死者の国と生者の国の間にはマリーゴールドの花びらの橋がかかっていて通行門がある。そこで「チェック」がある。死者は「死者の日に家族がその人の写真を飾りちゃんと思い出してくれている」という条件をクリアしないと生者の国に戻り家族に会うことはできない決まりだ。また生者が死者の物を盗んだら「先祖の許しを得ない」と生者の世界に戻れないのだ。夜が明けるまでに許しを得ないと身体が透き通って死者と同じになってしまう。

 

その通行門で出会ったヘクターという男。彼は娘が写真を飾ってくれず、忘れかけているために門を通れない。娘に会いに行けない。ヘクターはデラクレスを知っているというのでミゲルは「生者の国に写真を持って戻り、娘に写真を飾るように渡す」という約束で会わせてもらうことにした。だが、ミゲルを見つけた「リヴェラ家の先祖」は「ミゲルは音楽と縁を切る」という条件でしか「生者の国に戻る許し」をくれない。そんな「許し」には納得いかないミゲルはデラクレスの元まで行かなければならない。デラクレスが先祖なんだ、彼に許しを貰うのだ。

ネタバレ②:ミゲル死者の国でデラクレスに会う。

ポイント!!
デラクレスに会いに行くミゲル。デラクレスではなくヘクターが先祖だった。
豪華な屋敷の中にいるデラクレスに会うためには死者の国でも行われる「音楽コンテスト」に優勝すればいい。ヘクターの友人のところにギターを借りに行くが「二度目の死」の話を聞く。それは生者が死者の存在を忘れて思い出さなくなった時に死者の国からも消えてしまう。それが「二度目の死」。「二度目の死」で消えた友人のギターを借りミゲルとヘクターは一緒に演奏した。「ウン・ポコ・ロコ」だ。途中からヘクターも参加、最後まで歌い上げた、大喝采だ。

 

しかしミゲルを探していたリヴェラ家の皆がやってきたのを見て表彰の瞬間を待たずに逃げ出すミゲル。ヘクターは逃げずに家族に会って生者の国に戻れと言う。ミゲルはどうしてもデラクレスに会いたい、自力で屋敷に潜入、デラクレスに会い歓迎される。ミゲルにデラクレスが許しをくれようとした時、ヘクターも屋敷に潜入してきてデラクレスに会い話をするうち、デラクレスが曲を盗むために毒を盛り自分を殺したとわかってしまった。

 

一緒に聞いたミゲルもデラクレスの秘密を洩らさない為に、ヘクターと揃って地下の洞窟に閉じ込められてしまった。夜明けまでに戻らないとミゲルは戻れなくなってしまうのに。ヘクターもまた、二度目の死が迫りつつあった。二人には時間がない。娘に会いたいというヘクターの話を聞いているうち、彼が「ママ・ココの父」で二人は家族だった!

 

ココが忘れてしまったらヘクターは消える。謝ることも抱きしめることも歌ってやることもできないのを悲しむヘクター。デラクレスの大ヒット有名曲「リメンバー・ミー」はヘクターの曲だから、本来はヘクターが忘れられることはないのに。ミゲルとヘクターはお互いが家族とわかり喜ぶ。

ネタバレ③:ミゲルとヘクターは洞窟から脱出。

ポイント!!
洞窟から出たミゲルとヘクターは真実を「生者」の世界へつなぐ

ママ・イメルダがミゲルの犬ダンテに案内されて登場、二人を洞窟から助けてくれた。イメルダは夫のヘクターを許さない、でも、写真をデラクルスから取り戻してミゲルがそれを持って生者の国に戻ることには手を貸すと言ってくれた。

 

最後のチャンスは「サンライズ・コンサート」だ。紛れ込んで写真を取り戻そうと奮闘中、誤ってママ・イメルダがステージに立ってしまう。イメルダはヘクターと一緒に歌を歌っていたのだ。「哀しきジョローナ」を歌う。デラクルスは写真を渡さない。生者の国にミゲルが戻ったら真実がばれてしまうから。イメルダとヘクターは仲直り、そして写真を取り戻し、生者の国に戻る許しを「音楽禁止」の代わりに「家族への愛、皆を忘れない」という条件で出してくれようとした・・

 

その時、またデラクレスが妨害、さらにはミゲルを突き落とした。その悪行は中継され「死者の国」で放映されていたのだが。デラクレスは失脚、空を飛ぶアレブリヘ(イメルダの猫、パピーペという名前)によりミゲルは助かった、でも写真はなくなってしまった。夜明けが迫り、ヘクターが「二度目の死」を迎えるギリギリ、ミゲルが戻れなくなるギリギリ、その時に許しがかなった。

 

生者にもどったミゲルは慌てて家に戻る、ココに思い出してもらわないといけない。ミゲルはココに思い出の曲「リメンバー・ミー」を歌って聞かせる。するとココは一緒に歌いだした。さらにココはヘクターがココに送った手紙、詩、破れた写真のヘクターの顔の部分を大切に持っていたのだ。

 

1年後、ミゲルの家は「音楽家ヘクター」の家として観光名所になるほどになった。ママ・ココは亡くなっていたけれど、死者の国のゲートでは、ヘクター・イメルダ・ココの3人が仲良くマリーゴールドの橋を渡って生者の国に向かっていた。ミゲルの家では死者の日を家族全員で音楽を奏で楽しく祝っていた。

映画『リメンバー・ミー』評価・感想とまとめ

リメンバー・ミーをみて感じたこと…
「死者の国」。日本のイメージでは「黒・白」の感じを持つのがここでは美しい色合い。それもマリーゴールドのオレンジもまぶしく光る。ぜんぜん「死」っぽくない。そして死者はみためこそ「骨」だけれど顔も色々、ファッションも生きていたころのように個性豊か。楽しそうに皆が暮らしている。むしろ色々縛られ、生きていくために金銭にあくせくしている分、生者の方が息苦しそう。主人公のミゲルは大好きな音楽を禁止されて、仕事もまだ任せられることなく半人前扱いで「自己表現」したくてもできない息苦しさ。「死者の日」は日本の「お盆」に相当するみたいに思えて、胸が痛くなった。つい面倒でお墓参りや法事なども避けてしまう私たちだが、先祖とかお世話になった人を「思い出して忘れず偲ぶ」ってこの映画のような考え方だったらもっと身近になりそうだ。いつか自分の親しかった人と「死者の日」に「死後の世界」で会えるとしたら?楽しそう。大切だったペットが神獣となって迎えに来てくれたら嬉しいと思う。歌がまた素晴らしい。日本語吹き替え版でも同じく。心を揺さぶる歌声。この映画で私は今は変声期でお休み中の石橋陽彩(いしばしひいろ)君のファンになった。印象深い歌声だ。是非聞いてみてほしい。美しい映像と併せて。

映画「リメンバー・ミー」のレンタル動画を無料視聴する方法

やっぱりテキストのネタバレだけじゃわからない…。映画のレンタルが開始されたら動画でみてみたい…。

やっぱり映画は映像で見るのが一番ですよね。映画『リメンバー・ミー』はU-NEXTで無料視聴することが可能です。(一部未対応の作品あり)

U-NEXTポイントで無料視聴・見放題作品数は業界最大級
TSUTAYA TVポイントで無料視聴・DVDレンタルあり
music.jpポイントで無料視聴・ポイント配布は業界最大
FODポイントで無料視聴・電子書籍見放題あり

おすすめはU-NEXTです。動画レンタルはもちろん、見放題の映画や国内外ドラマを多数配信。

また、漫画や雑誌の読み放題も多数取り揃えているのは上記の中でもU-NEXTとなっています。初回登録の方は31日間無料で利用することができます。

★600Pが付いて・31日間無料で楽しめる★

MyconoMedia おすすめVODランキングTOP4

☆☆☆NO.1 U-NEXT
動画配信数は業界最大級。
動画配信ジャンルも多岐に渡っており、中でも新作映画の配信は人気の動画コンテンツ。そして、最大の特徴は電子書籍や電子コミックも同時に楽しむことができるところ。動画・電子書籍の一体型アプリでどちらも楽しめるので、スマホでの操作性が抜群です。動画・電子書籍の両方が楽しめる分、月額利用料金は少し高めですが、通勤通学、時間つぶしなど様々なシーンに対応したVODサービスとなっています。
月額利用料金1990円(税抜き)
無料期間/無料ポイント31日間/600pt
おすすめ特典電子書籍見放題あり・動画配信多数
管理人のおすすめのポイント
2ヶ月以上の継続利用で毎月1200ポイントが貰える特典もあります。
ポイントは最新映画の視聴や有料電子書籍の購入にも使え、もちろん翌月にも持ち越すことが可能。ポイントを貯めてみたかったドラマをイッキに視聴することもできます。Amazon FireTV、Chromecastにも対応していますので、ご家庭のテレビでも視聴が可能です。4デバイスまで同時視聴が可能となっているでの、ご家族での利用がおすすめです。
▼もう少し詳しく知りたい方▼
・U-NEXTの登録方法
・U-NEXTの解約方法
▼U-NEXTを利用してみる▼

U-NEXTの無料視聴はこちら


☆☆NO.2 FODプレミアム
フジテレビ系列の映画やドラマの配信なら「 FOD」です。フジテレビ系列の動画に強く、映画・ドラマ作品は多くの独占作品を配信しています。FODもU-NEXT同様に電子書籍・電子コミックを配信。常に100冊以上が読み放題となっており、人気のコンテンツとなっています。Amazonアカウントを使って登録すると1ヶ月間無料で利用が可能。さらに業界最大ポイントの初月300ポイントがもらえます。サービスの充実度は現在のところ業界トップといえるかもしれません。
月額利用料金888円(税抜き)
無料期間/無料ポイント1ヶ月/1300pt
おすすめ特典フジテレビ系映画・ドラマ最新話無料視聴・電子書籍見放題あり
管理人のおすすめのポイント
フジテレビ系列の映画・ドラマは独占配信作品が多数あります。スポーツ・バラエティーなど多数ジャンルを配信しています。追加料金を支払うとFOD専門チャンネルの視聴も可能です。
▼もう少し詳しく知りたい方▼
・FODの登録方法
・FODの解約方法
▼FODを利用してみる▼

FODの無料視聴はこちら


☆NO.3 TSUTAYA TV / DISCAS
おなじみのTSUTAYA。実はレンタルDVDだけではなく、映画やドラマの動画配信も行っています。もちろん、変わらずDVD自宅にいながらレンタルすることも可能です。各映画配給会社やテレビ民放各社の作品を幅広く配信。U-NEXTやFODプレミアムで配信されていない作品がTSUTAYA TVにはあったりもします。この辺はレンタルメディアの先駆者とも言えますね。ただし、見放題作品が少なく、動画配信のほとんどがポイントまたは課金でのレンタルとなっています。

月額利用料金2417円(税抜き)
無料期間/無料ポイント30日間/1080P
おすすめ特典DVDレンタル借り放題
管理人のおすすめのポイント
やっぱり映画はDVDやブルーレイディスクをデッキに入れて…。そんな、雰囲気を大切される方にはTSUTAYA TVがおすすめです。また、U-NEXTやFODプレミアムで配信されない「ジブリ作品」はTSUTAYA TVでDVDをレンタルするしか視聴する方法はありません。月額利用料金が2417円と少し高いので、30日間の無料お試し期間を上手に利用したいですね。
▼もう少し詳しく知りたい方▼
・TSUTAYA TV/DISCAS登録方法
・TSUTAYA TV/DISCAS解約方法
▼TSUTAYA TV / DISCASを利用してみる▼

TSUTAYA TVの無料視聴はこちら


NO.4 music.jp
お音楽配信でおなじみのmusic.jp。実は音楽配信でけでなく、映画やドラマの動画配信も行っています。電子書籍の配信も多数取り揃えており、知る人ぞ知る穴場的なVODサービスです。月額1950円(税込)ながら配布ポイントは月額利用料金と同じ1950ポイント。もちろん初回登録の方は30日間の無料お試し期間も用意されています。無料お試し期間でも1600ポイントをもらうことができ、このポイントを使って新作映画4本分の視聴が可能となっています。ただし、見放題の配信動画はないので、動画視聴の際は全ての作品がポイント視聴となります。連続ドラマなどの話数が多い作品の視聴には一番最適なVODサービスと言えます。是非、お試し下さい。

月額利用料金1950円(税込)
無料期間/無料ポイント30日間/1600P
おすすめ特典配布ポイントが業界最大
管理人のおすすめのポイント
新作映画をたくさん見たい!また、シリーズものの映画をイッキ見したい時にはmusic.jpがおすすめです。お試し無料期間のポイント配布はもちろん、個人的に魅力に感じているのは継続利用で毎月3000ポイントがもらえてしまうところ。月額利用料金以上のポイントを配布しているのどこのVODサービスを見てもmusic.jpだけとなっています。
▼もう少し詳しく知りたい方▼
・music.jp登録方法
・music.jp解約方法
▼music.jpを利用してみる▼

music.jpの無料視聴はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です